ナイラ_(オーバーフランケン)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ナイラ_(オーバーフランケン)>ナイラ_(オーバーフランケン)の3ページ目

ナイラ_(オーバーフランケン)とは?




隣接する市町村

 ゼルビッツ
 シャウエンシュタイン
 シュヴァルツェンバッハ・アム・ヴァルト
 バート・シュテーベン
 リヒテンベルク
 イシガウ
 ベルク

ウィキペディア目次へ
歴史
古代

ナイラ周辺地域に最初に住み着いたのは、確実に証明されてはいないものの、ケルト人であったと推測されている。
根拠はその地名にあり、ケムルスとかマルレスロイトといった地名がケルト起源の言葉だと思われることにある。
ナイラ中心部付近から発見された陶片は付着した木炭の放射性炭素年代測定法により紀元600年から900年頃のものと推定された。
さらに鉱滓が発見されており、ゲルマン民族が入植する以前からここの人々が鉄を生産し、生活を築いていたことが示された。
紀元850年から1000年頃には、やはり地名の語源から、スラヴ人が住んだと思われるが、その期間は短かったと思われる。
最初にゲルマン民族がこの地方に入植したのは、1000年頃のことと推定される。
貴族一門のナイラ家がどのような経緯で築かれたのかは定かでない。
初めて記録に遺っているグリュンの領主、ラデッカーとその先祖については解っていない。
ナイラで最初に拓かれたのはドライグリュンバッハ川沿いのクルミッツ川との合流点付近であった。
そして1200年から1300年頃に第2の大きな入植の波があり、多くの小さな集落が生まれ、集落間のネットワークが生まれた。
中世

ナイラは、文献上、1343年のヴァイデの代官の記録に初めて登場する。
これによれば1333年からナイラは、バンベルク大司教と別の貴族一門との間で領有について紛争があったようだ。
しかし、この記録には、ナイラ(Naila)という名では記されておらず、"Dorf zu Neulins"と記されている。
「Dorf」(村)と記されていることから、1343年の段階でかなりの数の人口があったと思われる。1398年にはフロシュグリュンが初めて文献に現れるが、この中でナイラは "droff zum Newlein"と記されている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(3/19)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ナイラ_(オーバーフランケン)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio