ダニエル・ベルの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ダニエル・ベル>ダニエル・ベルの1ページ目

ダニエル・ベルとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニエル・ベル(Daniel Bell、1919年5月10日 - 2011年1月25日[1])は、アメリカ合衆国社会学者ハーバード大学名誉教授。アメリカ生まれのロシアユダヤ人

目次


 1 人物・略歴
 2 研究・思想
 2.1 イデオロギーの終焉論
 2.2 脱工業社会
 3 著書
 3.1 単著
 3.2 共著
 3.3 編著
 3.4 共編著
 4 研究
 5 脚注
人物・略歴

1919年、ダニエル・ボロツキー(Daniel Bolotsky)としてニューヨークで生まれ、のち ダニエル・ベル(Daniel Bell)と名乗る。
貧困家庭に育ち1932年に社会主義青年同盟に参加して共産主義に惹かれるが、スターリン体制下の実態を知るに至ってソ連に幻滅する。
ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業後、コロンビア大学で博士号取得。
その後コロンビア大学社会学部教授(1959-69)、ハーヴァード大学教授(1969-90)を務めた。
2011年1月25日、マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で死去。
91歳没[1]
研究・思想

西洋文化の支配的な形態としてのモダニズムを拒否し、モダニズムに対抗するものとして宗教の重要性に着目した。
注目の情報

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ダニエル・ベル」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio