ソフラン_(柔軟剤)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ソフラン_(柔軟剤)>ソフラン_(柔軟剤)の2ページ目

ソフラン_(柔軟剤)とは?




目次

 1 商品ラインアップ
 1.1 製造終了品
 2 CM
 2.1 歴代CM出演タレント
 2.2 CMキャラクター
 2.3 CM内容
 3 競合商品
 4 出典
 5 関連項目
 6 外部リンク
商品ラインアップ

ふんわりソフラン(旧 ソフラン1/3・ソフランC)
2005年(平成17年)に発売した3倍濃縮柔軟剤で、「センイふんわりソフランC」を改名、ボトルデザインを新しくしたものである。
過去には「ソフラン1/3」、「ソフランC」の名で販売されていた。
ふんわりソフランのパッケージには「肌にやさしいやわらかさ」の字が書かれており、従来タイプのソフランSでも同じように書かれている。
歴史
1987年にライオンは濃縮タイプの柔軟剤「ソフラン1/3」を発売した。
これは、従来タイプのものより濃度を3倍濃くしたもので、容器のスペースをとらないため人気を得た。
これを境にして濃縮タイプの柔軟剤が主力になり、花王ハミング1/3)や他社からも発売されるようになった。
その後、ソフラン1/3は「ソフランC」と改名された。
このラインにはのちに「しわすっきりソフランC」が追加され、従来のソフランCは「センイふんわりソフランC」となった。
見た目の違いは色で、センイふんわりの方は従来通りピンク、しわすっきりの方はブルーである。
2004年からは「C」を省略した「デイフレッシュソフラン」が発売された。
センイふんわりソフランCは2005年9月から「ふんわりソフラン」に改名され、ほぼ同時期に「しわすっきりソフラン」が新パッケージで発売され、完全にCの字は省略された。
同時にデイフレッシュソフランは「香りとデオドラントのソフラン」に改名された。
2007年9月、柔軟剤で初めてのウールマーク認定商品となる。
同時にウォータリーエッセンスを新配合し改良された。
2009年10月、節水洗濯や弱水流でのドライコースにも十分に効果を発揮するよう、水への分散性を向上しリニューアル。
パッケージも「タオルに触れる子供」をモチーフとしたものに刷新された。
なお、このパッケージ変更に際し、つめかえ用において中性洗剤「アクロン フローラルブーケの香り」とパッケージが類似していてわかりにくいという声が当社お客様センターに挙がっていたこと[1]も要因であり、パッケージには「柔軟剤」も明記された(その後、「アクロン フローラルブーケの香り」も2010年9月にパッケージリニューアルが行われた為、完全に製品が明確化された)。
2011年5月、パッケージデザインを変更しリニューアル発売。
「タオルに頬をあてる女の子」をモチーフとしたデザインに変更するとともに、「ソフラン」のブランドロゴを変更した(先に導入された「香りとデオドラントのソフラン」、同時リニューアルとなった「しわスッキリソフラン」と同一のブランドロゴとなる)。
2016年4月、パッケージデザインを変更。
併せて、本体ボトルの形状も変更され、内容量も変更となった(本体:720ml→650ml、つめかえ用:540ml→500ml)
ソフラン プレミアム消臭(旧 デイフレッシュソフラン→香りとデオドラントのソフラン(初代)→香りとデオドラントのソフラン アロマナチュラル→香りとデオドラントのソフラン(2代目)→香りとデオドラントのソフラン プレミアム消臭プラス→ソフラン プレミアム消臭プラス)
「フローラルアロマ」、「アロマソープ」、「ホワイトハーブアロマ」、「フルーティグリーンアロマ」、「洗濯物が多いおうち専用」の5種類を設定する。
内容量は本体は「洗濯物が多いおうち専用」が540mL、それ以外の香りは550mL、つめかえ用は通常サイズに加え、通常サイズの3倍容量でキャップ付きの特大サイズも設定される。
また、「フローラルアロマ」・「ホワイトハーブアロマ」・「フルーティグリーンアロマ」の3種類には、つめかえ用(通常サイズ)の4倍容量となる1.92L入りの業務用も設定される(業務用はつめかえ用特大同様にキャップ付パウチのため、本体容器につめかえて使用する)。
「フローラルアロマ(旧 ピンクフローラル)」は、ベリーピーチなどのレッドフルーツをアクセントにした、フローラルブーケの香り。
シルバーをベースにピンクを配したデザイン。
「アロマソープ」は、ベビーパウダーのような香りにラベンダーピンクペッパーをブレンドしたせっけんの香り。
シルバーをベースにオレンジを配したデザイン。
注目の情報

ページ(2/9)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ソフラン_(柔軟剤)」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ソフラン_(柔軟剤)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio