ソウル・ミュージックの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ソウル・ミュージック>ソウル・ミュージックの1ページ目

ソウル・ミュージックとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソウル(soul)あるいはソウル・ミュージック(soul music)は、ポピュラー音楽ジャンルの一つ。
基本的にはリズム・アンド・ブルース(R&B)のジャンルの中に属している[1]

目次


 1 概要
 2 詳細
 3 UKソウル
 4 サブジャンル/派生ジャンル
 5 主なソウル・アーティスト
 6 日本の主なソウル・アーティスト
 7 関連項目
 8 脚注
 9 出典/参考文献
概要

1950年代から1960年代の初期にかけて、アメリカにおいてアフリカ系アメリカ人ゴスペル[2]ブルース[3]から発展しできた音楽の体系である[4]
R&Bなどの黒人由来の音楽が、ポピュラー・ミュージックとして広く認知され、広範囲にわたって発展・拡大した1960年代よりゴスペル色の濃厚な音楽を、ソウル・ミュージックと自然発生的に呼ばれるようになった[5]
詳細

音楽ライターのジョン・ランドウによれば、オーティス・レディングやウィルソン・ピケットらのソウル・シンガーは、テネシー州メンフィスや、アラバマ州マッスル・ショールズで録音した曲をヒットさせている[6]
ソウル・ミュージックは、文化性や芸術性もあるが、基本的にはポピュラー音楽である[7]
ゴスペル由来のコード進行、たたみかけるような覚えやすいリズムコールアンドレスポンスの使用などの特徴がある。
代表的な歌手にはオーティス・レディング、アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケット[8]、サム&デイヴ、ジョー・テックス[9]、クラレンス・カ-ター、ソロモン・バークらがいる
ソウルは、R&Bとの間で明瞭な境界線を引くのは難しく[10]、レコード店のジャンル分けや、業界紙やラジオのヒット・チャートなどにおいても ソウル/R&B などのようにワンセットで扱われることが多い。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/18)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ソウル・ミュージック」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio