スリーマイル島原子力発電所事故の解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>原子力防災基礎用語>スリーマイル島原子力発電所事故>スリーマイル島原子力発電所事故の1ページ目
「スリーマイル島原子力発電所事故」とは
辞書を選択できます:

スリーマイル島原子力発電所事故とは?



原子力防災基礎用語
アメリカペンシルバニア州スリーマイルアイランド原子力発電所2号炉(Three Mile Island-2:加圧水型原子炉PWR)、電気出力959MW)で、1979年3月28日発生した事故で、世界各国原子力防災体制強化拡充する契機となった。
同炉の定格出力での運転中蒸気発生器を送っていた主給水ポンプ停止し、自動的補助給水ポンプ起動したが、ポンプ出口弁が閉じていたため給水できず、非常用炉心冷却装置ECCS)が自動作動したにもかかわらず、運転員の誤判断で同装置手動停止したなどの機器故障誤操作が重なった結果炉心上部露出し、炉心溶融するというこれまでにない事故となった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「スリーマイル島原子力発電所事故」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio