ストアドプロシージャの解説頁です。 Weblio辞書辞典>コンピュータ>IT用語辞典>ストアドプロシージャ>ストアドプロシージャの1ページ目
「ストアドプロシージャ」とは
辞書を選択できます:

ストアドプロシージャとは?



IT用語辞典
【英】stored procedure
ストアドプロシージャとは、データベースシステムにおいて、一つ上の手続きを定義したものである。
手続きSQL文以外にもデータベースシステム独自の制御構文記述することが可能で、これにより条件分岐繰り返し処理などの複雑な処理を実行することが可能となっている。
ある処理を実行する場合一つSQL文では全てのことを処理できない場合が出てくる。
たとえば、会社銀行口座から出金して、従業員口座給料振り込むことを考え場合出金入金二つの処理が必要となる。このような場合、ストアドプロシージャにより出金入金の処理を定義すれば、2つの処理を一つのストアドプロシージャの実行で済ませることが出来る。
このように、ストアドプロシージャは定型処理を事前登録して処理の簡便化を図ることが出来る。
さらに、ストアドプロシージャ作成時にSQL構文事前にチェックされているため、実行時の構文解析スキップされ、処理効率アップにも効果的である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ストアドプロシージャ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio