ジョン・シナの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ジョン・シナ>ジョン・シナの4ページ目

ジョン・シナとは?




ジャッジメント・デイで、再戦権を行使したJBLを破り、王座防衛に成功する。
WWE王者となってからはベルトをシナモデルのスピナー・ベルトに変更し、6月6日、ドラフトでRAWに移籍する。
移籍直後に当時のGMだったエリック・ビショフと対立し、ビショフと利害が一致したクリス・ジェリコヴェンジェンスサマースラムと王座戦を組まれたが、連勝して防衛に成功する。
サマースラムの翌日のRAWで敗者追放マッチに勝利し、ジェリコをWWEから追放する[2]
その後もビショフはシナを王座からあの手この手で引きずり下ろそうとするがシナは王座を防衛し続ける。
2006年ニュー・イヤーズ・レボリューションで、自身初となるエリミネーション・チェンバー・マッチ参戦し、勝利したが、その直後にWrestleMania 21でのマネー・イン・ザ・バンク・ラダー・マッチを制し、王座挑戦権を所有していたエッジに王座戦を挑まれ、疲労困憊のシナはエッジに敗れ、王座を奪われる。
しかし3週間後のロイヤルランブルで再戦権を行使し、WWE王者に返り咲く。
その後もトリプルHやエッジを相手に防衛を続ける。
WWE vs ECWの抗争が開始すると、WrestleMania 22でのマネー戦を制したロブ・ヴァン・ダムワン・ナイト・スタンドで王座戦を行うがエッジの乱入により、王座から陥落した。
王座陥落後もECWのレスラーたちと抗争し、ヴェンジェンスではECWを代表するスーパースター、サブゥーに勝利する。
その後WWE王者となったエッジと抗争を開始する。
何度か王座に挑むも王座奪取とはならなかった。
その後、敗れたらスマックダウンへの移籍を条件にエッジとの再戦権を得て、エッジの地元であるカナダで開催されたアンフォーギヴェンで、エッジが得意とするTLC戦で勝利し、3度目のWWE王座戴冠を果たした。サイバー・サンデーでは史上初となるWWE王者、世界ヘビー級王者、ECW王者の対戦となったチャンピオン・オブ・チャンピオンズ・マッチに参戦するが、ブリトニー・スピアーズの夫(当時)で歌手・ダンサーのケビン・フェダーラインの介入により、キング・ブッカーに敗れる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(4/40)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ジョン・シナ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ジョン・シナ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio