ジョン・シナの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ジョン・シナ>ジョン・シナの2ページ目

ジョン・シナとは?




目次

 1 来歴
 1.1 2002 - 2004
 1.2 2005 - 2006
 1.3 2007 - 2008
 1.4 2009年
 1.5 2010年
 1.6 2011年
 1.7 2012年
 1.8 2013年
 1.9 2014年
 1.10 2015年
 1.11 2016年
 1.12 2017年
 2 得意技
 3 決め台詞
 4 獲得タイトル
 5 人物
 6 リング外での活動
 6.1 映画出演
 7 入場曲
 8 脚注
 9 外部リンク
来歴

大学卒業後スポーツ用品メーカーに勤めながらボディビルを行っていたが、プロレスラーに転向。
UPWでの活動後WWEと契約。
WWE傘下のファーム団体OVW時代はサイボーグギミックで、ザ・プロトタイプリングネームで活動する。
2002 - 2004

2002年スマックダウンの下部番組ヴェロシティーに数回出演後、6月27日のスマックダウンにて、当時WWEのトップスターの一人であったカート・アングルの対戦者公募に挑戦し、正式にWWEデビューする。
カート戦では敗れたものの、試合後アメリカン・バッドアス、ジ・アンダーテイカーがシナの元へ訪れ握手を交わし、シナの健闘を称えた[1]
その後はジェリコと抗争、初のPPVであるヴェンジェンスでジェリコから勝利を奪った。
最初は純アスリート系のベビーフェイスであったが、冬頃からブル・ブキャナンとのタッグでラッパーキャラにギミックを変えて、ヒールターンする。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/40)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ジョン・シナ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ジョン・シナ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio