ザ・シンプソンズの登場人物の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ザ・シンプソンズの登場人物>ザ・シンプソンズの登場人物の2ページ目

ザ・シンプソンズの登場人物とは?




ケチでスケベで散財好きで飽きっぽく、腰抜けでありながら逆に無鉄砲でもある。
絶倫ながらも結局は妻のマージ一筋で、不倫にまで至ったエピソードは現在のところ皆無。
食欲だけは極端化しつつあり、食道楽のためなら危険も顧みず時には凶暴化し、全く知らないはずの中国語でも食べ物に関する話だけはスムーズに理解できる。
いい加減な性格で将来の夢がころっと変わってしまう。
また、よく自分のと会話をする。
子供の頃に鼻から突っ込んだクレヨンが脳に刺さったのが原因で、頭が悪く(IQ55)なった。
そのクレヨンを手術で取り除くと、頭がよく(IQ105とスプリングフィールドではかなりの天才)なる。
少年期から学生時代にかけての場面では単なる「頭の良くない子」程度のノリで描かれることが多く、模範的と呼べるほどの善行も不良と呼べるほどの悪行もなくナードでもジョックでもない、無軌道に青春を謳歌する普通の若者だった事をうかがわせる。
しかし必要な単位を落としていたため、実は卒業資格が無いまま高校を卒業している(その事を告白したエピソード内にて一念発起して再び学校に通い、無事に卒業資格を取得した)。
何かに気付いたり失敗したりしたときに「ドオッ!」(D'oh!とつづる)と言う癖がある。
「ドオッ!」は公式単語としてオックスフォード英和辞典2001年度版に追加された。
近年FOX JAPANで放送されている字幕版では、「ドウッ!」と表記されている。
高校卒業後に原子力発電所で安全管理官として働いているが、何度も"解雇されては再就職"を繰り返している。
ふとしたことから社長のバーンズに気にいられて昇進をする事も多いが結局は元の管理官に左遷される。
仕事の雑さは尋常ではなく、着任後に事故の発生回数が飛躍的に増加した。
部署はセクター7G。
番組オープニングで燃料棒をうっかり外部に持ち出して車から放り捨てるシーンはお馴染みだが、そうした杜撰な行為を日常的に行っており、なんとなくポケットに入っていた燃料棒でコーヒーをかき混ぜて舐めずったりしている。
そのせいか精子の活動が著しく異常化しており、訴えられることを危惧したバーンズが先手を打つ形で少額の和解金を与えたりしていたが、シーズン24では遂に精子の目がバッテンになり全く活動していない事が確認され、今後子供を作ることは不可能、無精子症と診断された。
それでも4人目の子を持ちたがるマージのため、過去に金欲しさで精子を売りまくっていた精子バンクに確認に訪れたところ、バンク側もホーマーの精子を乱用していたため、ホーマーの遺伝子を受け継ぐ子が近隣に何十人と存在する事が判明する。
結局、自分の子がうじゃうじゃいる酷い世に自分の子を送り出すのは可哀想だという理由で、4人目の子を作るのは断念した。
突飛な事に才能を開花させる事が多く、ふとしたことから彫刻家、宇宙飛行士、声優、小説家として名を連ねる事もある。
特に音楽の才能に関しては著しく、父親譲りでピアノが弾け、作曲の才能もあり、歌も上手い。
音楽のプロデュースにも長けており、場末のバーでウェイトレス兼歌手をしていたローリーンという名の女性をメジャーデビューさせている。
子供の頃は声楽の才能を認められ、聖歌隊で長めの独唱パート部分を任されるなど、その道での前途有望な将来性を父親に嘱望されていたこともある。
しかし、教会のミサで斉唱の最中に突然声変わりして、断念。
その後「ザ・ビーシャープス」というグループでプロの歌手としてデビューしていた。
しかし歌手として売れすぎて家族と会えなくなる事や、バーニーが日本人の現代作家と新グループを作る等の理由からバートが赤ん坊の時に解散した。
また自宅にテルミンを所持している。
見た目通りに運動はあまりできず、心臓が悪いため持久力が必要なスポーツは総じて苦手だが、球技に関しては得意種目が多い。
特にボウリングはスプリングフィールド初のパーフェクトゲームという偉業を達成して町のヒーローとして称えられている。
また、ボウリング大会ではモー、アプー、オットー(後にバーンズと入れ替わる)と一緒に「ピンパルズ」という名のチームを結成してリーグ優勝している。
マージとは高校時代に一目惚れして付き合うことになったが、バートができたために結婚することになった。
以降、リサやマギーも意図してつくったわけではない。
父親のエイブラハムを煙たがっており、すぐ老人ホームに連れて行ったり、話の最中でもうやむやにしてしまう。
また、母親のモナはヒッピーで指名手配中のため、滅多に連絡が取れず、父に男手1人で育ててもらっていたが、その父よりも母のことを強く慕っている。
下着は主にブリーフを着用。
これは製作者側がウケを狙った設定らしく、作中でホーマーはよくブリーフ一丁になる(例外有)。
近眼で視力が悪く普段はコンタクトレンズを着用しており、自宅で読書や書き物をする時は眼鏡をかけている。
普段は喫煙者ではないが、作中の演出の都合で葉巻煙草を吸うことがある。
政治的にはおおむね保守寄りではあるが、あまり政治に関心は無い。
エコロジストや同性愛者を嫌悪する銃所持派であるが、全米ライフル協会からは会員権を剥奪されている。
一方で医療用マリファナにはまってマリファナ解禁運動に身を投じたり、母親への憧憬からヒッピーにかぶれることもある。
他の大多数の住民同様、毎週教会に通いながらも真面目には信仰していない。
しかも一家全員洗礼を受けておらず、フランダースの養子となった子供たちが洗礼を受ける時、身代わりとなって洗礼を受け、一時的に信心深くなるもすぐ戻ってしまった。
隣人のフランダース一家(特にフランダース家の主人であるネッド)のことが大嫌いで、出会い初日から折り合いが悪く、よく嫌がらせをする。
何か不幸な出来事が起こると「(災いの矛先が)ネッド・フランダースでありますよ〜に」と祈る。
現在では原子力発電所に勤めているが、まだ独身の頃はスプリングフィールドにある娯楽施設で風車を回す仕事をしていたり、バートが生まれる前は、バートを養うために色々な仕事に就いたりしていた。
しかし、それらの職業で失敗をしてクビになってしまい、原子力発電所の面接に行くが不採用となった。
その後、バーンズ社長に直接会い「人権を放棄した社員を雇いたいなら俺を雇え」などのことを言って、原子力発電所で働くことになった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/24)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「ザ・シンプソンズの登場人物」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「ザ・シンプソンズの登場人物」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio