サド侯爵夫人の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>サド侯爵夫人>サド侯爵夫人の1ページ目

サド侯爵夫人とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
サド侯爵夫人』(サドこうしゃくふじん)は、三島由紀夫戯曲
全3幕から成る。
無垢と怪物性、残酷と優しさの多面の顔を持つ夫・サド侯爵の出獄を20年間待ち続けた貞淑な妻・ルネ夫人の愛の思念を描き[1]悪徳の刻印を押されたサド侯爵の人物像を、6人の女の対立的な会話劇により浮かび上がらせながら、ルネ夫人の最後の不可解な決意の謎を探った作品[2]
日本国内のみならず海外でも上演され続け、特にフランスで人気が高い戯曲でもある[3]昭和40年芸術祭賞演劇部門賞受賞作品。
三島の最も成功した戯曲というだけでなく、「戦後演劇史上最高傑作の戯曲」と評価された[4][5][注釈 1]
登場人物が女性6人だけなので、男性4人のみの『わが友ヒットラー』と対をなす作品となっている[6]
目次

 1 発表経過
 2 執筆背景
 3 設定・構成
 4 あらすじ
 5 作品評価・研究
 6 おもな舞台公演
 7 おもな刊行本
 7.1 全集収録
 8 音声資料
 9 脚注
 9.1 注釈
 9.2 出典
 10 参考文献
 11 関連項目
発表経過

1965年(昭和40年)、文芸雑誌『文藝』11月号に掲載され(舞台図の挿絵:秋山正)、同年11月15日に河出書房新社より単行本刊行された[7][8][9]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/28)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「サド侯爵夫人」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio