サドウスキーの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>サドウスキー>サドウスキーの1ページ目

サドウスキーとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
サドウスキー(英:Sadowsky)は、アメリカ合衆国ニューヨーククイーンズにある楽器企画製造・販売会社。
企画や営業などに携わる従業員は10名以下の小規模企業である。
ベースやギター、プリアンプ、弦、パーツ類などを扱う自社名を冠したプライベートブランドを展開している。

目次


 1 歴史
 2 製品概要
 3 著名な使用ミュージシャン
 4 サドウスキー・メトロライン
 4.1 使用ミュージシャン
 5 脚注
 6 関連項目
 7 外部リンク
歴史

1979年にロジャー・サドウスキー(Roger Sadowsky)がリペアショップとして創業。
当初はリペアショップとしてニューヨークでマーカス・ミラーなどを代表する顧客のベースを改造したり修理するのが専門であった。
その後、シェクタートム・アンダーソンワーモスなどに発注してベースギターやエレキギターの販売も始めた。
製品概要

サドウスキーはリペアショップであったのもあり、創業当初からセットアップやモディファイに重きを置き、組み込みを除く木工や木材加工などの製造は全て外注である。
また、各部品自体も弦はリチャードココ、ピックアップはディマジオや、セイモア・ダンカン、ノードストランド、ローラーといった一流メーカーに特注品を発注する拘りもある。
また塗装は楽器専門の塗装会社のウィルキンズ・ギター・フィニッシュに委託している。
以下は主な製品。
 Sadowsky NYC
本社で企画と組み込みまで行うベースギターとエレキギター、エレキナイロンギターのカスタムオーダー。
ベースギターは34インチのスケール長であり、現在のモデルではそれ以外のスケールでは提供されていない。
基本は受注生産であるが自社の店舗で完成品も販売している。
ギターのシェイプはディンキーやテレキャスターのコピーモデルを採用している。
ピックアップはロジャー・サドウスキーがディマジオに特注したピックアップを標準仕様としているが、顧客の希望によってセイモア・ダンカンやノードストランド、ローラーなどのメーカーの製品にすることも出来る。[1]
 Sadowsky MetroLine
サドウスキーの低コストパフォーマンスモデルである。
日本で制作する。
サドウスキーのホームページの比較表によると、NYCとMetroLineの相違点は、ボディー加工がチャンバーなのか、ソリッドなのか、ハードウェアの素材、ボディーのトップくらいである。
ネックの補強ロッドは、NYCもMetroLineも同じく二つのグラファイト棒が入っている。
 Sadowsky Archtop
オカダインターナショナルが仲介の元、愛知県の寺田楽器に外注で製造し、自社でセットアップするアーチトップギターシリーズ。
ピックアップはディマジオ製の特注品。
現在入手可能な5つのモデルには、ジム・ホールモデル、ジミー・ブルーノモデル、セミホローモデル、LS-17(ロングスケール/17" lower bout)とSS-15(ショートスケール/15" lower bout)などが存在する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「サドウスキー」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio