グルテリンの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>グルテリン>グルテリンの1ページ目

グルテリンとは?



ウィキペディア
グルテリン: glutelin, gluteline)は希、希塩基洗剤カオトロピック還元剤に可溶のタンパク質である。
一般に、グルテリンは特定の穀物種子のプロラミン様タンパク質である。グルテニン小麦に含まれている最も一般的なグルテリンであり、パンコムギの洗練された製パン特性に必要である。大麦ライ麦のグルテリンも同定されている[1]
グルテリンは、胚乳に含まれている主要なエネルギー源である。
グルテリンは一般的に、高分子量(HMW、High-Molecular-Weight)グルテリンと低分子量(Low-Molecular-Weight、LMW)グルテリンに分類される。
これらのタンパク質は、製パンの過程で自分自身やその他のタンパク質と、ジスルフィド結合によって連結しあう。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「グルテリン」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio