ギターの解説頁です。 Weblio辞書辞典>趣味>音楽用語>ギター
「ギター」とは
辞書を選択できます:

ギターとは?



音楽用語(⇒『ヤマハミュージックメディア』)
身近な楽器だがその歴史は古い、なにしろメソポタミア文明時代彫刻に「弦を弾いて音を出す楽器」があったと言う
今使われているギターは14世紀スペイン生まれたと言われ、現在のギターの様な6本の弦を持つ楽器になったのは19世紀になってからである。モーツァルト初めとして小さなオーケストラと言われ多く作曲家により沢山の作品が作られている。その後ギターは様々に改良され今日至っている。日本だけでしか呼ばれないフォーク・ギターの名称のもの、ナイロン弦を張ったもの、スチール弦を張ったもの、電気的に増幅出来るようにしたもの、等など様々なギターが作られてきた。
そしてそのサウンドジャズロックはじめとする多く音楽融合新し音楽表現想像に役立ってきた。

(提供元:ヤマハミュージックメディア)

ページTOP▲

ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search

(出典:Wikipedia 2018/10/14 05:52 UTC 版)

ページTOP▲

注目の情報


ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ギター」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio