カンブリア宮殿の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>転職用語>カンブリア宮殿>カンブリア宮殿の2ページ目

カンブリア宮殿とは?




2010年5月31日放送分で放送回数が200回、2012年6月28日で300回、2014年7月31日で400回になる。
目次

 1 概要
 1.1 番組改編
 2 出演者
 3 放送リスト
 4 スタッフ
 4.1 過去のスタッフ
 5 ネット局・放送日時など
 5.1 過去のネット局
 5.2 その他
 5.3 インターネット配信
 6 単行本
 7 脚注
 7.1 注釈
 7.2 出典
 8 関連項目
 9 外部リンク
概要

主要協賛スポンサーで番組制作に関与する日経新聞が、『中外物価新報』として創刊してから130周年を迎えた2006年に、記念企画及び『ガイアの夜明け』に続く『日経スペシャル』第2弾として放送を開始した。
日本経済を支える経営者、著名人、政・財界人らと、ホストの村上、アシスタントの小池栄子が対談する。
視聴者から寄せられた仕事お金などの悩みにゲストが回答する、不定期コーナーの「ミクロの決死件」がある。
テーマの由来
「カンブリア」とは、古生代の区分の1つ・カンブリア紀を指し、進化により突如一斉に多種多様な形態の生物が登場し、将来への模索が行われた「カンブリア爆発」の起きた時期である。
多様な経済人が誕生し、未来への道を模索する現代の日本を、未来への進化が爆発的に起こったカンブリア紀に準えており、番組のキャラクターにも、この時期のバージェス動物群の1つ・アノマロカリスが使われている。
ナレーター
放送初期はVTRナレーターにピエール瀧を起用、提供クレジットも開始当初はピエール瀧が担当していた。
2006年10月より、それまでダイジェスト部分のみを担当していた俳優・高川裕也にバトンタッチしている。
クラブ・アノマロ
クラブ・アノマロは、番組の公式ファンクラブに当たるもので、番組の収録を会員限定でインターネット配信している。
専用サイトは、2006年9月頃まで収録配信のみだったが、後に壁紙や「Eiko's Eye」などのコーナーが追加された。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/66)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「カンブリア宮殿」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「カンブリア宮殿」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio