エステルの解説頁です。 Weblio辞書辞典>ヘルスケア>がん用語>エステル>エステルの1ページ目
「エステル」とは
辞書を選択できます:

エステルとは?



がん用語(⇒『がん情報サイト』)
【仮名】えすてる
原文ester
酸とアルコール組み合わさってできる化学物質一種いくつかのエッセンシャルオイル植物から抽出された芳香成分を含んだ液体)に含まれている。

(提供元:がん情報サイト)

ページTOP▲
日本酒用語
酸とアルコールからがとれて結合したもの有機酸のエチルエステルは、酒類の重要な芳香成分であるものが多い。

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲
焼酎・泡盛用語
発酵中に有機酸類とアルコール類結合して生じる成分総称してエステル類という。
エステル種類有機酸類とアルコール類種類組み合わせ数だけ存在するので、その種類が非常に多くなり、焼酎など酒類の複雑な風味形成に役立っている。一般に果実様の芳香有するものが多く焼酎香気成分として重要である。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/12)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「エステル」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio