エキプロの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>エキプロ>エキプロの1ページ目

エキプロとは?



ウィキペディア
Jump to navigation Jump to search
エキサイティングプロレス』は、ユークスから発売されているアメリカプロレス団体WWEをモデルとした3Dプロレスアクションゲーム、およびそのシリーズである。
『エキプロ』と略称される。
目次
概要

2000年春に欧米で150万本の売上を達成したPlayStation用ソフト「WWF SmackDown!」を同年夏に日本で「エキサイティングプロレス」として発売したのが始まりである。
以降毎年続編が製作され、2011年現在第12弾まで全世界で発売されている。
また、WWEのレスラーの中にも本作品のファンが多く、スーパースター達が参加する大会も行われたことがある。
日本では、「WWE 2007 SMACKDOWN VS. RAW」からはエキサイティングプロレスの冠が外れており、国内販売はユークスからTHQに変更になっている[1]
しかし、発売元が変更になっても開発はユークスである。
「SMACKDOWN! VS RAW"」はもともとはサブタイトルだったが、「エキサイティングプロレス7」以降は「"WWE (発売年) SmackDown vs Raw"」がタイトルとなっている。
2012年からは「WWE 12」とシンプルなタイトルに変更される。
なお、発売元のTHQジャパンが2012年2月29日付で事務所を閉鎖した為、「WWE 12」を以て国内版の発売は終了した。
WWEのスーパースター(レスラー)、試合形式、入場シーンを完全再現しているのが特徴であり、シリーズの各作品ではその年に活躍したスーパースターや特番が行われたPPV会場、実際にWWEで行われた新試合形式等が随時追加される。
シリーズ第5弾からは過去にWWEで活躍したスーパースターがレジェンド枠として登場する様になった。
ゲームのオープニングは当時放送されていたSMACKDOWNまたはRAW放送時のPV、番組テーマと合わされているが、エキサイティングプロレス6では当時の番組テーマ曲であったDrowning PoolのRise Upではなく、インディーズバンドであるNot ForgottenのWaitingが使用されている。
主なゲームモードに好きな選手、好きな人数、試合形式で試合ができるエキシビション。
一人のWWEスーパースターとなってWWEのストーリーを体験できるシーズンモード。
(2009以降はロード・トゥ・レッスルマニア)選手を作成できるクリエイトモードなどがあり、エキサイティングプロレス7からは選手のより細かい入場シーンを設定することができる。
さらにWWE 2009 SmackDown vs Rawからはオリジナルの必殺技を作成できる。
正面グロッキーからしか作成できなかったSVR2009だが、SVR2010では新たにダイビングダウン攻撃、SVR2011ではコーナー上ダウン正面状態からのフィニッシャーも作成できるようになった。
SVR2008では「事前にバグが確認されているのに修正していない」という告知がされた。
また、新システムの採用により、ファイティングポーズが全キャラクター一緒であることが確認されている。
この仕様はSVR2011にて変更。
スーパースター、ディーバでファイティングポーズや走り方が分けられるようになった。
SVR2009のみ相互利用タイトルとして「WWE Legends of WrestleMania」が発売された。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「エキプロ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2018Weblio