イラーハーバードの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>イラーハーバード>イラーハーバードの1ページ目

イラーハーバードとは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラヤーガラージ (प्रयागराज, پریاگراج , Prayāgrāj) (古い名前: イラーハーバード Allahabad, इलाहाबाद / إلٰه ‌آباد Ilāhābād)は、インド北部ウッタル・プラデーシュ州都市である。
人口101万人。
プラヤーグの名でも知られる[1]
日本では英語名称に由来するアラーハーバードという表記が多いが、現地での名称はペルシア語の「イラーハ」(⇒『إله』「神」:アラビア語からの借用語で、イスラームなどのセム系一神教における「(唯一絶対の)神」ではなく、一般名詞としての「神」)と「アーバード」(⇒『آباد』「都市」)に由来する。
これはムガル皇帝アクバルが提唱した「ディーネ・イラーヒー」という思想・信仰に由来している。
ガンガー(ガンジス川)とヤムナー川の2つの大河(伝説上では地下を流れているとされるサラスヴァティー川も加えて3つ)が合流するヒンドゥー教聖地、サンガム(⇒『英語版』)(त्रिवेणी संगमまたはसंगम)が街の直ぐ近くに位置している。
かつてこの町はプラヤーガ(犠牲を捧げる地)と呼ばれた巡礼地だった[2]
目次

 1 歴史
 2 著名な出身者
 3 脚注
 4 参考文献
 5 外部リンク
歴史

イラーハーバードの西にはかつての十六大国のひとつであるヴァツサ国の首都カウシャーンビーがあった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/14)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「イラーハーバード」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio