アルミニウムの解説頁です。 Weblio辞書辞典>工学>バイク用語>アルミニウム>アルミニウムの1ページ目
「アルミニウム」とは
辞書を選択できます:

アルミニウムとは?



バイク用語(⇒『ヤマハ発動機』)
【別称】アルミ
純アルミニウムにさまざまな元素添加した多種多様アルミニウム合金より軽く加工しやすい

関連用語】アルマイト加工

(提供元:ヤマハ発動機)

ページTOP▲
ねじ用語
アルミニウム(Aluminium アルミニューム、略してアルミと言うこともある)元素記号 Alで表され、原子番号13原子量は約26.98比重は2.70(g/cc)である。
酸やアルカリに侵されやすいが、空気中では表面酸化被膜ができ、内部は侵されにくくなる。
また、液体窒素液体酸素(-183)でも脆性破壊がない。
軽量で、耐食性(←酸化被膜による)があり、快削性に優れる為、アルミニウムのままだけでなく、合金などの形でも広く利用されている。比較良い熱伝導性電気伝導性を持つ金属
注目の情報

ページ(1/172)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アルミニウム」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio