アルテ・ポーヴェラの解説頁です。 Weblio辞書辞典>文化>美術用語>アルテ・ポーヴェラ>アルテ・ポーヴェラの1ページ目
「アルテ・ポーヴェラ」とは
辞書を選択できます:

アルテ・ポーヴェラとは?



美術用語(⇒『横浜美術学院』)
1960年代後半イタリアで起こった芸術運動で「貧し芸術」という意味。代表的作家は、マリオ・メルツカール・アンドレリチャード・セラなど。作品素材が、芸術作品形作るものとしてはそれまで認識されていなかった、日常的工業製品などが多かったため付けられたネーミング作品単体価値よりも、作品の置き方や作品を置く場などを重視したことから、日本の「もの派」との類似性も見ることができる。

(提供元:横浜美術学院)

ページTOP▲

ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルテ・ポーヴェラ(イタリア語:Arte Povera、和訳『貧しい芸術』)は、イタリア人美術評論家キュレーターであるジェルマーノ・チェラントが1967年に企画した「アルテ・ポーヴェラ、Im空間」展において命名[1]された、1960年代後半のイタリアの先端的な美術運動。
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アルテ・ポーヴェラ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio