アルコール発酵の解説頁です。 Weblio辞書辞典>食品>日本酒用語>アルコール発酵>アルコール発酵の1ページ目
「アルコール発酵」とは
辞書を選択できます:

アルコール発酵とは?



日本酒用語
生物無酸素的に糖類分解してエネルギーを得る様式一つで、次のゲイ・ルサックの式にしたがってブドウ糖からエチルアルコール炭酸ガス生産する。
略して発酵と呼ぶことが多い。
ブドウ糖C6H12O6(180g)→エチルアルコール2C2H5PH(92g=117ml)+炭酸ガス2CO2(88g=44.8リットル

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲

ウィキペディア
アルコール発酵 (アルコールはっこう、ethanol fermentation) は、グルコースフルクトースショ糖などの糖を分解して、エタノール二酸化炭素を生成し、エネルギーを得る代謝プロセスであり、酸素を必要としない嫌気的反応である。酵母は酸素がないところで、糖を用いてアルコール発酵する代表的な生物である。
その応用範囲は、燃料としてのエタノールバイオエタノール)の大量生産やアルコール飲料、パンなど食品の生産など多岐に渡る。
酵母によらない発酵は、「カーボニック・マセレーション」と呼ばれる反応であり、高濃度の二酸化炭素または窒素ガス中(低酸素雰囲気)に置かれたブドウの果実中で起こる嫌気的反応で、酵素の作用により糖がアルコールに変化する。
この手法はボジョレー・ヌーヴォーの醸造の際に用いられている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アルコール発酵」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio