アクアチントの解説頁です。 Weblio辞書辞典>文化>美術用語>アクアチント>アクアチントの1ページ目
「アクアチント」とは
辞書を選択できます:

アクアチントとは?



美術用語(⇒『横浜美術学院』)
銅版画技法のひとつ。
版に細かい松脂の粉を撒いて熱で付着させ、酸で銅版腐食させると松脂の粉のついていた部分が、無数の点として凸状に残る。
これにインク詰めて刷ると細かい白い点が無数にある面が作れる。
これに筆につけた腐食液で形を描けば、微妙な濃淡のある版画ができる。

(提供元:横浜美術学院)

ページTOP▲
美術用語
読み】:アクアチント
【英】:AQUATINT
版画技法銅版画は、凹版製版する技法によって直刻法と酸腐蝕法に大別できるが、これは後者内の一つ
まず銅板粉末状グラウンド防蝕剤)を粗くまき熱し付着させ、その上に液状グラウンド描画する。
これを酸腐蝕させると、描画部は残り、その背景には網目状防蝕層を通過した酸によって徴細な点が刻まれる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「アクアチント」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio