アイアイ温泉の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>アイアイ温泉>アイアイ温泉の2ページ目

アイアイ温泉とは?




アイアイ温泉(アイアイおんせん、英語: Ai-Ais Hot Springs) は、ナミビア共和国にある硫黄泉質の温泉
アイアイとは現地で使用されているコイコイ語で「燃える水」を意味する。
アイアイ/リフタスフェルト・トランスフロンティアパーク(⇒『英語版』)の一部を成し、ナミビア南部・カラス州のフィッシュ川渓谷(⇒『英語版』)の南縁、グレートカラスベルグ山脈に位置する。
目次
歴史

地元の伝説では、1850年遊牧民であるナマ人羊飼いヒツジを追っているときに温泉を発見したという[2][3]
温泉は河床の地下深くから湧出し、砂漠気候の地にオアシスを生成した[4]
ヘレロ・ナマクア虐殺の期間中、温泉はドイツ軍がベースキャンプとして利用した。1915年に、南西アフリカ戦線(⇒『英語版』)で傷ついた兵士を癒すため南アフリカ軍が基地として使用した[2]1962年に温泉は地元の起業家に貸与され、その後国の天然記念物として宣言された。1969年に保護区となり、1971年3月16日に基地は公式に開放された[2]
泉温は平均しておよそ60 °Cである[5]
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/4)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「アイアイ温泉」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「アイアイ温泉」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio