えちるあるこーるの解説頁です。 Weblio辞書辞典>食品>日本酒用語>えちるあるこーる>えちるあるこーるの1ページ目
「えちるあるこーる」とは
辞書を選択できます:

えちるあるこーるとは?



日本酒用語
C2H5OH化学式で示されるアルコールで、酒類中のエチルアルコールは、発酵糖類から酵母による発酵によってつくられる。エタノールともいう。沸点78.3

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲
焼酎・泡盛用語
その分子中に水酸基(―OH)を有する一群有機化合物
1分子中に水酸基1個を有するものを1価アルコール、2個を2価アルコール、3個を3価アルコールという。
また炭素原子少ない(低級アルコールに溶けやすいが、多い(高級)アルコールに溶けにくくなり、ついにはロウのような固体になる。通常、単にアルコールという場合にはエチル・アルコール(エタノール)を指し酒類含まれる主要アルコールで、炭素原子二個を有す無色透明沸点78揮発性液体である。
注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「えちるあるこーる」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio