えきすぶんの解説頁です。 Weblio辞書辞典>食品>日本酒用語>えきすぶん>えきすぶんの1ページ目
「えきすぶん」とは
辞書を選択できます:

えきすぶんとは?



日本酒用語
酒税法では、温度15のときにおいて、原容量立方センチメートル中に含有する不揮発性成分グラム数をいうと定義している。
清酒のエキス分は次式により算出する。
エキス分=(S-A)×260+0.21
ただし、Sは比重であり、次式により日本酒度から求める。
S=1443/(1443日本酒度
また、Aはアルコール分比重1515)に換算したものである。

(提供元:日本酒index)

ページTOP▲
焼酎・泡盛用語
酒類100ml中に含まれる不揮発性成分の量(グラム)をいう。
エキス分の内容成分甘味成分である糖分主体とし、その他旨味(うまみ)成分であるアミノ酸類や酸味成分であるアミノ酸類や酸味成分である有機酸類などから成る
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「えきすぶん」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio