ああ言えば上祐の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>ああ言えば上祐>ああ言えば上祐の1ページ目

ああ言えば上祐とは?



ウィキペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
上祐 史浩(じょうゆう ふみひろ、1962年12月17日 - )は、日本の宗教家で、ひかりの輪代表。
アーレフ(現Aleph・旧オウム真理教)元代表。
オウム真理教信者としての名前(ホーリーネーム)は、マイトレーヤだった。
得意とする堪能な英語力と口八丁で巧みに詭弁を弄することから「ああいえば、上祐」といわれた[1]
目次

 1 概要
 1.1 1980年代
 1.2 1990年代
 1.3 2000年代
 1.4 2010年代
 2 エピソード
 2.1 思想
 3 人物評
 4 略歴
 5 著書
 6 関連項目
 7 脚注・出典
 8 外部リンク
概要

福岡県三潴郡城島町(現・久留米市)で銀行員の父と元教師の母の間に生まれる[2]
その後、父親が東京貿易会社に転職し、一家で上京するが、父親の女性問題によって両親が別居し、母子2人暮らしとなる(両親が正式に離婚したのは上祐が出家した頃[3])。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/20)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「ああ言えば上祐」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2019Weblio