〒の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>>〒の1ページ目

とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア

郵便記号郵便マーク)は、日本郵便事業・郵便局記号シンボルマーク明治20年(1887年)に逓信省が徽章として考案・発表し、後身の郵政省郵政事業庁日本郵政公社へと引き継がれ、民営化後の日本郵政グループのブランドマークとなっている。
また、郵便番号を表示するときにもしばしば用いられる。
郵便マーク(ゆうびんマーク)と呼ばれることが多いが、日本工業規格(JIS)において「〒」は「郵便記号」(ゆうびんきごう)と呼称されており、「郵便マーク」は「〠」(顔郵便マーク)を指す。Unicode のコードポイントは、郵便記号(〒)が U+3012、郵便マーク(〠)が U+3020 である。

目次


1 丸に一引き(明治17年6月第15号布達郵便徽章)
2 郵便マークの日と誕生までのいきさつ
3 年譜
4 顔郵便マーク
5 郵便以外の〒マーク
5.1 電気用品取締法
5.2 電波法及び電気通信事業法
6 備考
7 符号位置
8 脚注
9 外部リンク

ウィキペディア目次へ
丸に一引き(明治17年6月第15号布達郵便徽章)

明治4年4月20日1871年6月7日)に日本の郵便事業が始まったが、当初は特に定められた徽章はなく、「郵便」の文字だけであった。
明治10年(1877年)頃から、大きな赤丸(いわゆる「日の丸」的な徽章)に太い横線を重ねた赤い「丸に一引き[1]が郵便マークとして用いられ始めたとされている。
「丸に一引き」は郵便配達員の制帽・制服・郵便旗などに記されており、明治17年(1884年)6月23日太政官布達第15号により、正式に「郵便徽章」と定められた。
注目の情報

ページ(1/29)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「〒」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2020Weblio