3月3日の解説頁です。 Weblio辞書辞典>生活>ご贈答マナー>3月3日
「3月3日」とは
辞書を選択できます:

3月3日とは?



ご贈答マナー
3が重なることから重三(ちょうさん)とも言われ、女児節句である雛祭りの日です。
元々は川で身を清め不浄流し取るという習慣から、平安時代には自らの不浄人形(ひとがた)の紙片(形代)に託してお祓いを受けたり、後には紙人形に託して川に流す(流し雛)風習変わり、更にそれがお雛様を飾るという現在の風習変化してきたようです一般家庭でお雛様を飾って女児節句として祝うようになったのは江戸時代中期に入ってからと言われています。
誕生初めての節句を「初節句といって両家祖父母も交えて家族揃って盛大にお祝いをしますが、長女初節句には妻方の実家よりお祝いとして「雛飾り」を贈るのが習わしとなっています。お雛様には、桃の花白酒菱餅などをお供えします。

(提供元:株式会社ササガワ)

ページTOP▲

ウィキペディア


(出典:Wikipedia 2017/08/17 00:16 UTC 版)

ページTOP▲

楽に探せる!楽ワード


ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「3月3日」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio