龍潭寺_(浜松市)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>龍潭寺_(浜松市)>龍潭寺_(浜松市)の1ページ目

龍潭寺_(浜松市)とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア

龍潭寺(りょうたんじ)は、静岡県浜松市北区にある臨済宗妙心寺派の寺院。
山号は万松山。
本尊は虚空蔵菩薩

目次

 1 歴史
 2 文化財
 2.1 名勝(国指定)
 2.2 重要文化財(国指定)
 2.3 静岡県指定有形文化財
 3 所在地
 4 アクセス
 5 脚注
 6 関連項目
 7 外部リンク

ウィキペディア目次へ
歴史

寺伝によれば天平5年(733年)、行基によって開かれたとされ、当初の寺号は地蔵寺であったが寛治7年(1093年)に井伊共保が葬られた際にその法号から自浄寺と改められた。
平安時代から井伊氏菩提寺であったとされる。元中年間(1384年 - 1392年)、宗良親王後醍醐天皇の皇子)がこの寺を中興したともいう。
戦国時代永禄3年(1560年)に戦死した井伊直盛がこの寺に葬られると、直盛の法号から龍潭寺と改められた。
直盛の死後井伊家の当主となった井伊直親、直盛の娘で直親の死後の永禄年間に井伊家を取り仕切った井伊直虎の墓もあり、直親と直虎の墓は隣り合っている。
関ヶ原の戦いの戦勝にともない、井伊氏が近江国に転封となってからも井伊氏の外護を受け、江戸幕府からも朱印状を与えられた。
注目の情報

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「龍潭寺_(浜松市)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio