阿赤頼台吉の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>阿赤頼台吉>阿赤頼台吉の1ページ目

阿赤頼台吉とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
オチル・ボラトモンゴル語: Очирболд、中国語: 斡齐尔博罗特、1490年 - ?[1])とは、モンゴル大ハーンであるバト・モンケ(ダヤン・ハーン)の息子の一人。
アルタン・ハーン伝』ではウデ・バラト(üdebalad)とも表記され、明代の漢文史料では「阿赤頼台吉」と記されている[2]

目次

 1 概要
 2 子孫
 3 脚注
 4 参考文献

ウィキペディア目次へ
概要

ダヤン・ハーンとその正妻マンドフイ・ハトンの間の息子として生まれた。
ダヤン・ハーンの五男と見られ、『蒙古源流』ではアルチュ・ボラトと双子で生まれたとも記される[3]
『蒙古源流』によるとオチル・ボラトとアルチュ・ボラトが生まれそうな頃、オイラトの襲撃があったが、フンギラトのエセレイ大夫、ハチンのジフイ・ダルハン、バルガチンのバヤン・ボケ、アストのバト・ボラトの助けによって無事逃れ、双子を産むことができたという[4]
オチル・ボラトはダヤン・ハーンよりチャハル・トゥメンのオトクの一つであるケシクテンを分封された。
オチル・ボラトの子孫を戴くケシクテン部はチャハル・ハーン家が滅亡した後も存続し、清朝の支配下に入ってジョーウダ盟ケシクテン旗とされた。
現代のヘシグテン旗はケシクテン部、ケシクテン旗の直接の後身となる。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/7)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「阿赤頼台吉」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio