鋳造の解説頁です。 Weblio辞書辞典>ビジネス>商品先物用語>鋳造>鋳造の1ページ目
「鋳造」とは
辞書を選択できます:
または

鋳造とは?



商品先物用語(⇒『日本ユニコム』)
溶融状態のアルミニウム溶液鋳型流し冷却して所定形状製品鋳物)を作る方法のことです。
鋳造は、砂型鋳造、金型鋳造低圧鋳造、などの方法分類されます。

(提供元:日本ユニコム)

ページTOP▲
バイク用語(⇒『ヤマハ発動機』)
金属の塊を溶かし、金型(鋳型など)に流し込んで成型する方法のこと。
鋳造は木の型であれ、金型であれ、型をつくらなければならない
しかし、基本的に一回型を作ってしまえば、あとは溶かした金属流し込むだけなので、同じ形状のものを作りやすい。
しかしコンピューター進化にともない加工に関しては不利といわれていた鍛造(たんぞう)でも同じ形状のものを作るのはたやすくなっている。
現在は価格の面で、鍛造より大幅アドバンテージがあるので、現行のスポーツモデルにはほとんど鋳造のホイール(キャストホイール)が採用されている。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/8)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「鋳造」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio