野田佳彦の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>野田佳彦>野田佳彦の9ページ目

野田佳彦とは?




過半数を獲得した候補がいなかったため決選投票となり、小沢への批判票を集めた野田が215票を獲得して177票を獲得した海江田を逆転し、第9代民主党代表に選出された[32]
投票前に行われた、いわゆる「ドジョウ演説」では、ジョークや相田みつをの詩を交えつつ、政治に「夢、志、人情」を取り戻すことを訴えた[33]
落語家の三遊亭楽春は「落語にドジョウは出てくるが主役じゃない。
野田さんは華はないけど実直で安心感はある」とドジョウ演説を評価した一方で、政治評論家の有馬晴海は「『ドジョウ政治』と言っても何をしたいのか分からない。
もっと自分の生活から絞り出てくる言葉がほしい」と批判した[34]
党首選挙に於ける決選投票での逆転当選は、1956年12月自由民主党総裁選挙での石橋湛山以来55年振りで、民主党では初めてとなった[35]
野田内閣
⇒『
2011
楽に探せる!楽ワード

ページ(9/53)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「野田佳彦」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「野田佳彦」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio