野田佳彦の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>野田佳彦>野田佳彦の8ページ目

野田佳彦とは?




この介入により1ドル=82円台から1ドル=85円台に急落した[23]
10月8日、1ドル=81円台に上昇したことを受け「より一層重大な関心を持ってマーケットの動向を注視し、必要なときには介入を含めて断固たる措置をとるという姿勢に変わりはない」と述べた[24]
また同日ワシントンで開かれた先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では為替介入について「批判的な意見は出なかった」と説明した[25]
9月に発足した菅改造内閣でも財務相に留任。
2011年(平成23年)1月の内閣改造に際しては内閣官房長官への横滑りも取り沙汰されたが、野田が財務相続投を強く希望したため、菅再改造内閣でも留任した。
スタンダード&プアーズによる米国債の格下げに伴い、2011年(平成23年)8月8日に行われたG7電話会談では、「米国債への信頼は揺るがないし、魅力ある商品だと思う」と述べ、円高に対してはマーケットの動向を注視すると述べた[26]
2011年民主党代表選挙

2011年(平成23年)6月9日、菅直人首相の退陣表明を受けて仙谷由人民主党代表代行や岡田克也党幹事長らは民主党代表選挙に野田を擁立する方向で調整。
朝日新聞(2011年〈平成23年〉6月9日付)が1面トップでポスト菅の「本命」と報じ、夕刊の各全国紙が後追いした。
野田は8月10日の文藝春秋で「時機が来れば、私は、先頭に立つ覚悟です」と党代表選への出馬に意欲を示し、同日の記者会見では「脱小沢」路線は見直すべきとの考えを示した[27]
8月23日、代表選での連携を期待していた[28]前原誠司が立候補の意向を示した。
野田は8月26日に立候補を表明して、福島第一原発事故の収束を優先事項に挙げる。
また自身は脱原発依存の立場であり、原発は新設しないことを表明した[29]
朝日新聞が8月26日に発表した「次期首相にだれがふさわしいか」の世論調査の結果では、原口一博に次ぐ4位となった[30]
同26日には小沢一郎元代表の支持を受けた海江田万里経済産業大臣が立候補を表明。
代表選には史上最多となる野田・前原誠司前外務大臣・海江田経産大臣・鹿野道彦農林水産大臣・馬淵澄夫前国土交通大臣の5人が立候補する形となった。
2011年(平成23年)8月29日に施行された代表選挙では、第1回目の投票で海江田の143票に次ぐ102票を獲得[31]
注目の情報

ページ(8/53)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「野田佳彦」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「野田佳彦」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio