野口明の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>野口明>野口明の2ページ目

野口明とは?




野口 明(のぐち あきら、1917年8月6日 - 1996年10月5日)は、日本プロ野球選手中日ドラゴンズプロ野球監督も務めた。
明、二郎とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の長兄。
アマチュア、プロの両方の公式野球で延長試合の最長を記録した試合に出場した唯一の野球選手である。
目次

 1 経歴
 2 甲子園成績
 3 詳細情報
 3.1 年度別投手成績
 3.2 年度別打撃成績
 3.3 年度別監督成績
 3.4 タイトル
 3.5 表彰
 3.6 記録
 3.7 背番号
 4 演じた俳優
 5 出典
 6 関連項目
経歴

愛知県出身。
中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)に進学し、野球部に入部。
この頃、中京商野球部は戦前の全盛期を迎えていた。
野口は3年生で正捕手の座を獲得し、第10回から第12回選抜中等学校野球大会、第19回全国中等学校優勝野球大会に出場した。
このうち、第19回全国中等学校優勝野球大会では吉田正男とのバッテリーで夏の甲子園3連覇を達成した。
特に準決勝における明石中との延長25回の死闘では、吉田の336球を最後まで受け切った。
明治大学に進学したが、1936年に日本職業野球連盟の発足に伴い結成された東京野球協会(東京セネタース)の選手として引き抜かれ中退し、投手兼捕手の中心選手となった。
4月29日の第1回日本職業野球大会開幕戦の対阪急戦に先発登板し勝利投手となった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/13)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「野口明」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「野口明」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio