航空の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>航空>航空の1ページ目

航空とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
航空(こうくう、aviation)とは、飛行のための装置(航空機)の、設計開発製造・運用・利用などを広く指すための概念・用語である[注 1][1]

目次

 1 概説
 2 歴史
 3 軍・民の分類
 3.1 民間航空
 3.1.1 航空運送事業
 3.1.2 一般航空
 3.2 軍事航空
 4 航空事故
 5 単位系・計量制度への影響
 6 脚注
 7 関連項目
 7.1 公共機関関係
 7.2 業務関係
 7.3 航空機関連
 8 関連書
 9 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概説

航空という概念・用語は、飛行するための装置(航空機)の設計開発製造や運用(運航)や利用などを、広く含んでいる。
個人的な活動も組織的な活動も、空を飛ぶための装置にまつわる活動であれば全て指しうる。
航空機の設計・開発・製造を含むので、航空機製造会社(航空機産業)の諸活動を含むことになり、運用も含むので航空会社などによる諸活動[注 2]も含み、また行政的なこと(航空交通管制航空法 等々)も含む。
航空の歴史を航空史と言う。
(→#歴史
航空が関連する事故を航空事故と言う。
(→#航空事故
航空は様々に分類しうるが、近年ではひとつには「民間航空」「軍事航空」に分けて把握する方法もある。
(→#軍・民の分類

ウィキペディア目次へ
歴史

aviation(航空)の歴史を、「aviation history 航空史」と言う。
注目の情報

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「航空」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio