第2次森内閣の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>第2次森内閣>第2次森内閣の1ページ目

第2次森内閣とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア

第2次森内閣(だいにじもりないかく)は、森喜朗が第86代内閣総理大臣に任命され、2000年(平成12年)7月4日から同年12月5日まで続いた日本の内閣である。

目次

 1 概要
 2 大臣
 3 政務次官
 4 関連項目
 5 外部リンク

ウィキペディア目次へ
概要

先の第1次森内閣は、名こそ森内閣ではあるが、前任の小渕恵三内閣総理大臣の病気・辞職により急遽発足した事実上の選挙管理内閣であり、森が総理として独自の人事権を行使したという意味では、この第2次内閣が事実上の初代森内閣と言える。
この布陣は、内閣改造が行われる同年12月5日まで存続した。
前回の小渕内閣改造・党役員人事で小渕に拒否された加藤派の小里貞利が総務会長に、山崎派の保岡興治を入閣させ、加藤派・山崎派に一定の配慮を示した。
民間からの川口順子の起用が話題となった他、平沼赳夫津島雄二ら実力者の入閣もあるが、全体としては省庁再編までの暫定的な布陣という色合いが強く、入閣待望組を多く揃えた「滞貨一掃」内閣などと呼ばれた。

ウィキペディア目次へ
大臣

【】内は特命事項を担当する国務大臣の職務。
注目の情報

ページ(1/9)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「第2次森内閣」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio