相 (物質)の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>相 (物質)>相 (物質)の1ページ目

相 (物質)とは?



ウィキペディア
相(そう、: phase)とは、化学的組成及び物理的状態が一様な物質実体である[1]
相とは化学組成及び物理的状態が全体的に一様な形態のものである[2]
気体、液体、固体は、物質の三つの形態(物質の三態)として知られているが、固体や液体には複数の違った形態をとる場合があることもまた知られている。
そこで、これらを区別する別の用語が必要になる―それに相という用語が使用される[3]
例えば完全に溶解した食塩水はどの部分を取り出しても同一の組成、物性を示すので1つの相だけからなる。
氷水はどの部分を取り出しても分子だけからなる同一の組成を持つが、固体液体という異なる物性を示す2つの部分があるので、その氷が一つの塊であろと、クラッシュアイスであろうと、2つの相からなる[4]
牛乳のようなコロイド溶液は肉眼ではどの部分も同じように見えるが、限外顕微鏡でみると乳脂肪からなる油滴の部分と水の部分に分かれているので2つの相からなる[⇒『要出典』]
また、たとえば土壌は、固相、液相(水相)、気相の三相からなり、固相は土壌粒子、気相は土壌空気、水相は土壌水と呼ばれる[5] また、大気は、そのほとんどを気相が占めるが、エアロゾル(厳密にはエアロゾル分散媒)が 清浄な空気でも8 x 10-5 m3-エアロゾル/m3-大気が存在する[6]
エアロゾルは、水相と固相の二相からなるので、大気もまた、固相、気相、液相の三相により構成される。
もっとも分かりやすい相の分類は固相液相気相であろう。
多くの純物質は温度や圧力を変化させた場合、固体、液体、気体の3つの状態をとる。
これらそれぞれの状態に対応する相が固相、液相、気相である。
ただし、多くの物質は複数の固相を持つ。
たとえば[7]
注目の情報

ページ(1/4)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「相 (物質)」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio