犬養毅の解説頁です。 Weblio辞書辞典>人名>近代日本人の肖像>犬養毅>犬養毅の4ページ目

犬養毅とは?




明治23年(1890)第1回総選挙衆議院議員当選以後18総選挙まで連続当選第1次大隈内閣文相第2次山本内閣逓相をつとめる。大正11年(1922)、革新倶楽部組織し、13年(1924)加藤高明らと護憲三派内閣結成逓相就任昭和4年(1929)立憲政友会総裁6年(1931)、首相となるが、翌年5・15事件暗殺される。
キーワード政治家, 首相, ジャーナリスト
号・別称木堂
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. ⇒『議事典型』 / 犬養毅訳 赤坂次郎, 明15.8 <YDM31895>
  2. ⇒『政海の燈台』 / 犬養毅著 集成社, 明20.11 <YDM27985>
  3. ⇒『最近政界之真相』 / 犬養毅 ; 大石正巳二松堂, 明44.10 <YDM27861>
(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

(提供元:国立国会図書館)

ページTOP▲


楽に探せる!楽ワード

ページ(4/5)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「犬養毅」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「犬養毅」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio