死のグループの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>死のグループ>死のグループの10ページ目

死のグループとは?




2002 FIFAワールドカップ

2002 FIFAワールドカップの際にイギリスのガーディアン紙は優勝経験国イングランドおよびアルゼンチンスウェーデンナイジェリアが揃ったグループFを「死の組」と表現し[18][27]ドイツアイルランドカメルーンサウジアラビアが揃ったグループEを「もうひとつの死の組」と表現した[28]
遺恨を残すイングランドとアルゼンチン、アフリカ最高と評されるナイジェリア、イングランドのスヴェン・ゴラン・エリクソン監督の母国であるスウェーデンが揃ったグループFは、6試合中3試合が引き分けとなる混戦だった。
ナイジェリアに勝利してイングランドとアルゼンチンに引き分けたスウェーデンが首位通過し、イングランドはスウェーデンとナイジェリアに引き分けたが、札幌で行われたアルゼンチン戦ではデヴィッド・ベッカムが決めたPKを守りきって勝利し、2位での決勝トーナメント進出を決めた。
下馬評が高かったアルゼンチンは3試合で勝ち点4しか挙げられずに敗退した。
また、グループF同様フランスウルグアイと優勝経験のある2チームに北欧デンマークおよびアフリカのセネガルが入ったグループAも比較的厳しい組となった。
首位通過したのはグループF同様北欧のデンマークであり、セネガルは本大会の開幕戦で前回優勝のフランスを1-0で破るという波乱を巻き起こしグループを2位通過、フランスは1引き分け2敗で大会から姿を消した。
梅雨を配慮していつもの大会よりも早めの開催日程でクラブシーンからの休養が少なかった事が、ビッグクラブでの激闘に疲弊した選手を多く抱えたフランス、アルゼンチンに不利に働いていたほか、フランスはジダンの故障欠場やシュートがポストやクロスバーに当たる不運が続いたこと、アルゼンチンはベロンの不調や対戦国の守備的な戦術に苦しんだことなどが敗退の要因となった。
楽に探せる!楽ワード

ページ(10/22)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「死のグループ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「死のグループ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio