死のグループの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>死のグループ>死のグループの9ページ目

死のグループとは?




1998 FIFAワールドカップ

出場国が32カ国に増えた1998 FIFAワールドカップでは全体的に均等な組分けになったが、その中にあってアフリカの強豪ナイジェリア、守護神ホセ・ルイス・チラベルトを擁するパラグアイ、優勝候補の一角である無敵艦隊スペイン、前回大会でベスト4入りしたブルガリアが入ったグループDが死の組と見られていた。
ナイジェリアは初戦でスペインに逆転勝ちし、続くブルガリアにも勝利し早々にグループリーグ突破を決めた。
続いてここまで2引き分けと踏ん張っていたパラグアイがナイジェリアに勝利しグループ2位に入った。
これにより、第三戦でブルガリアに圧勝し1勝1敗1引き分けとしていたスペインのグループ敗退が決定、本大会での数少ない波乱となった。

UEFA欧州選手権2000

UEFA欧州選手権2000では共同開催国のオランダ、当時の世界チャンピオンであるフランス、前回大会の準優勝国チェコ、前々回大会の優勝国デンマークが揃ったグループDが困難なグループに思えた。ドイツルーマニアポルトガルイングランドが同組となったグループAも強豪がそろい、各国のサポーターやジャーナリストはどちらが死の組であるか楽しげに議論を繰り広げた[26]
注目の情報

ページ(9/22)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「死のグループ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「死のグループ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio