死のグループの解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>死のグループ>死のグループの4ページ目

死のグループとは?




1978 FIFAワールドカップ

開催国のアルゼンチン、2度優勝のイタリア[4]ミシェル・プラティニを擁するフランス、準優勝2度の古豪ハンガリー[4]がグループ1に集った。
2戦目を終えてイタリアとアルゼンチンが2勝、フランスとハンガリーが2敗であった。
すでに1次リーグ突破を決めていたイタリアとアルゼンチンは3戦目に直接対決し、1-0で勝利したイタリアが1位通過となった。
イタリアは2次リーグで2位となり、3位決定戦ではブラジルに敗れた。
アルゼンチンは2次リーグで首位となり、決勝ではマリオ・ケンペスの2得点などでオランダを破って初優勝を果たした。
1978 FIFAワールドカップ グループ1
イタリアアルゼンチンフランスハンガリー得点失点勝ち点
イタリア1-02-13-1626
アルゼンチン0-12-12-1434
フランス1-21-23-1552
ハンガリー1-31-21-3380

楽に探せる!楽ワード

ページ(4/22)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「死のグループ」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「死のグループ」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio