歌の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>物語事典>>歌の1ページ目
「歌」とは
辞書を選択できます:

とは?



物語事典
★1a.歌を詠んだ功徳で、病気治る
今昔物語集巻24-51 赤染衛門は、息子の挙周が重病になった時、「かはらむと思ふ命は惜しからでさても別れむほどぞ悲しき」の歌を住吉明神に奉った。
すると、その夜のうちに挙周の病気は治った。
★1b.命と引き換えに、名歌詠む
今鏡打聞」第10敷島の打聞蔵人の頼実が「5年の命と引き換えに、名歌を詠ませて下さい」と住吉の神に祈る。
やがて彼は「木の葉散る宿は聞きわくことぞなき時雨する夜も時雨せぬ夜も」の歌を詠んだが、その時「これが命と引き換えの歌だ」とは気づかなかった。
後に病気になって平癒を祈ると、住吉の神侍女憑依して、「もはや延命はできぬ」と告げた〔*西行上人談抄では、60年寿命のうちの30年引き換えに、「木の葉散る・・・・」の歌を詠む〕。
地獄堕ちと引き換えに、名画を描く→〔悪魔1bの『ハリンゲイの誘惑』(H・G・ウェルズ)。
★1c.歌をうたったために、神のもとへ召される
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/39)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「歌」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio