標準数列の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>標準数列>標準数列の1ページ目

標準数列とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
標準数
 JIS Z 8601。製品などの寸法を選ぶための工業規格(JIS Z 8601)による基準値。
この項目で記述。
 JIS C 5063。IECなどで抵抗器の抵抗値などを決める場合に用いる数値(JIS C 5063)。標準数列
この項目で記述。
 JIS B 0601。
製品などの表面粗さ等で用いる指示値。
標準値。


標準数(ひょうじゅんすう,Preferred number)は等比数列(隣合う数値の比が一定)を丸めたもので、機器の寸法や値などを決める場合に用いる。

目次

 1 歴史
 2 JIS Z 8601の標準数
 2.1 R5~R80系列表
 3 JIS C 5063の標準数列
 3.1 E3~E96系列表
 4 関連項目

ウィキペディア目次へ
歴史

1877年-1879年頃に当時フランスの軍人であったシャルル・ルナール気球の多種多様なロープの太さをまとめようとしたのがはじまりでルナール数とも呼ばれる。
例えば、4mmのロープ径で不足の場合、1mmプラスした5mmのものが好ましい。
一方、40mmのロープの場合、1mmプラスの41mmでは使用上大差がない。
この場合、実用上の経験則などから40mmに10mmプラスした50mmのものが好ましい。
このように等比数列を用いる。

ウィキペディア目次へ
JIS Z 8601の標準数

値はISO 3(日本ではJIS Z 8601)で定められており、R5、R10、R20、R40、R80が制定されている。
R5~R80系列表
R5R10R20R40R80
1.001.001.001.001.061.001.031.061.09
1.121.121.181.121.151.181.22
1.251.251.251.321.251.281.321.36
1.401.401.501.401.451.501.55
1.601.601.601.601.701.601.651.701.75
1.801.801.901.801.851.901.95
2.002.002.002.122.002.062.122.18
2.242.242.362.242.302.362.43
2.502.502.502.502.652.502.582.652.72
2.802.803.002.802.903.003.07
3.153.153.153.353.153.253.353.45
3.553.553.753.553.653.753.87
4.004.004.004.004.254.004.124.254.37
4.504.504.754.504.624.754.87
5.005.005.005.305.005.155.305.45
5.605.606.005.605.806.006.15
6.306.306.306.306.706.306.506.706.90
7.107.107.507.107.307.507.75
8.008.008.008.508.008.258.508.75
9.009.009.509.009.259.509.75
R5R10R20R40R80

注目の情報

ページ(1/3)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「標準数列」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2014Weblio