東條英機の解説頁です。 Weblio辞書辞典>人名>近代日本人の肖像>東條英機>東條英機の3ページ目

東條英機とは?




航空総監航空本部長経て15年(1940)第2次、第3次近衛内閣陸相16年(1941)近衛文麿に代わって首相に就任し、陸相内相兼任した。対米英戦での初期作戦成功背景に、17年(1942)立候補推薦制度による翼賛選挙を行う。
それにより議会形骸化し、独裁的戦時体制強化された。19年(1944)2月参謀総長兼務したが、戦局悪化に伴い重臣内部批判が高まり、7月には内閣総辞職となった。敗戦後、自殺を図ったが失敗極東国際軍事裁判A級戦犯として絞首刑となった。
キーワード陸軍軍人, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

(提供元:国立国会図書館)

ページTOP▲

ウィキペディア

楽に探せる!楽ワード

ページ(3/72)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「東條英機」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「東條英機」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio