旧姓の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>旧姓>旧姓の1ページ目

旧姓とは?



ウィキペディア
旧姓(きゅうせい)とは、結婚養子縁組などにより、所属する家族が変更する以前の)を指す。
目次

 1 概要
 2 旧姓の通称利用
 2.1 旧姓の通称利用における問題点
 3 注釈
 4 参考文献
 5 関連項目
概要

日本の民法では、のいずれかの姓に統一しなければならないとされる。
2014年度には96%の女性が、結婚を機に姓を変えた。
研究者、弁護士、ジャーナリスト等、氏名の一貫性が強く求められる職業が存在するため、氏名の一貫性を保つことが難しくなるとして課題となっている。
職場で旧姓を使用することは、会社が許可した場合のみ可能である。
そのため、旧姓の通称利用拡大や、選択的夫婦別姓制度を望む声が強くなってきている。
未成年者の親が離婚等して子供が片親の籍に入る場合、それまでの姓は旧姓となる。
かつては婚姻関係を終了した場合は旧姓に戻らなければならなかったが、1976年6月に民法が改正され、配偶者側の姓のままでいることが可能となった。
未成年者母親再婚した場合、多くが義父の姓を名乗ることになり、それまでの姓は旧姓となる。
養子縁組の場合、養子が養親の姓に改める決まりとなっているので、養子にとって縁組前の姓は旧姓となる。
戸籍の筆頭者が姓を変更する際において成年の子が同一戸籍の姓を変更したくない場合は分籍届を提出すれば、元の姓のままでいることが可能となる。
成人の姓の変更は、自分の意思でなされるのに対し、未成年者の姓の変更は自分の意思でなされないこと、言い換えればの都合でなされることには注意しなければならない。
旧姓の通称利用

旧姓を通称として使用することやそれを業務等で認めることを旧姓通称利用というが、業務上の旧姓通称利用は、1988年に富士ゼロックスにおける就業規則改正が始まりで、国家公務員でも2001年から認められるようになった[1]
2010年の時点の産労総合研究所の調査によれば、回答があった192社のうち旧姓使用を認めているのは55.7%、従業員1千人以上の企業で71.8%となっている[2]
しかしながら、旧姓を通称として用いるための証明として用いることができる書類等は限られる。戸籍謄本を確認する方法、旧姓併記されたパスポートを用いる方法、旧姓利用を許された職場の証明書などを用いる方法などがある[3]
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「旧姓」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio