日本の軍事史の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>日本の軍事史>日本の軍事史の2ページ目

日本の軍事史とは?




日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、古代中央集権政府における徴兵制の崩壊後、武家と幕府の誕生となり、室町幕府の崩壊と共に戦国時代への変化、そして江戸時代による文治政治を経て明治維新後の近代的徴兵制に基づく国民軍の成立と帝国主義による対外戦争に特徴づけられる。日本第二次世界大戦総力戦を経験して軍民ともに壊滅的な損害を蒙り敗戦した。
敗戦後、アメリカ軍を主体とする連合国軍に占領された後に、日本国憲法によって自衛を除いた武力行使および砲艦外交を禁じられた自衛隊を創設し、現在に至る。
目次

 1 先史時代
 1.1 縄文時代
 1.2 弥生時代
 2 古代
 2.1 古墳時代
 2.2 飛鳥時代
 2.3 律令制と軍団の設立
 2.4 軍団の縮小・廃止と健児の制
 3 中世
 3.1 国衙軍制
 3.2 武士の誕生
 3.3 水軍
 3.4 僧兵
 3.5 平氏政権の誕生
 3.6 源平合戦と鎌倉幕府の成立
 3.7 建武の新政と南北朝の動乱・室町幕府
 3.8 守護から守護大名へ
 3.9 戦国時代
 4 近世
 4.1 豊臣政権
 4.2 江戸幕府の成立と200年の平和
 4.3 幕末
 5 近代
 5.1 兵制の確立

注目の情報

ページ(2/94)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「日本の軍事史」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「日本の軍事史」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio