方法の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>方法>方法の1ページ目

方法とは?



ウィキペディア目次へ
ウィキペディア
方法論 (ほうほうろん、: methodology)とは、以下のように定義される[1]
  1. "学問で利用される方法規則前提条件原則についての分析"
  2. "学問で応用される手段の開発"
  3. "特定の手続き、あるいは一連の手続き"
"方法"がより適切な表現であっても、より重要あるいは学術的な印象を与えるために"方法論"とされることがある。
例えば、学生は学問的成功についての調査を完遂できなかったため、私たちは方法を変更し、教官から資料を集めたという場合、(調査を通じた資料の収集が正確な結果をもたらすという前提条件である)方法論は変更されておらず、(学生ではなく教官に依頼するという)方法が変更されている。

目次


ウィキペディア目次へ
概念

方法論は以下の、情報を探求する特定の学問や分野に関連した概念からなる。
  1. 理論、概念、理念の収集
  2. さまざまな手法についての比較研究
  3. 個々の方法についての批評
方法論は、一連の方法というよりは、特定の研究の根拠をなす原理や哲学的前提を扱う。
そのため、学術的文献は、しばしば研究者の方法論の部分を対象とする。
方法論が扱うのは、研究者の("私たちは50人を2週間調査し、結果を統計的に分析した"というような)方法というよりは、研究者の存在論認識論の観点についてである。
方法論は、研究分野あるいは一連の過程活動課題を包括するすべてを対象とする。
注目の情報

ページ(1/6)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「方法」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio