平信兼の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>平信兼>平信兼の1ページ目

平信兼とは?



ウィキペディア
平 信兼(たいら の のぶかね、生没年不詳)は平安時代末期の武将桓武平氏大掾氏の一族で、父は平盛兼
子に源頼朝挙兵で最初の標的とされた山木兼隆(山木判官代)のほか、兼衡、信衡、兼時がある。大掾信兼関信兼とも呼ばれる。
官職は出羽守または和泉守。
生涯

伊勢国鈴鹿郡関を本拠とする。保元元年(1156年)の保元の乱に際しては、惣領宗家)の平清盛とともに後白河天皇方として参戦。
その後、清盛の立身と平氏政権の樹立の過程でその配下に組み込まれる。検非違使河内国和泉国出羽国国司を歴任し、位階は正五位下に至った。
治承・寿永の乱では養和元年(1181年)、伊勢・志摩に乱入した熊野山僧兵二見浦で戦い、これを撃退した(『吾妻鏡』同年正月21日条)。寿永2年(1183年)7月の平家の都落ちには同行せず、伊勢国に潜伏する。元暦元年(1184年)8月に、本拠の伊勢・伊賀にて平家継らとともに一族を糾合して反源氏の兵を挙げ、源氏方の守護大内惟義以下の勢力に打撃を与えた。
その後信兼は行方をくらますが、子息の兼衡・信衡・兼時らが信兼捜索の命を受けた源義経の邸に呼び出され、斬殺、あるいは自害に追い込まれた(『山槐記』8月10日条)。
その2日後に義経は信兼討伐のため伊勢に出撃する。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/2)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「平信兼」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio