尾崎健夫の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>尾崎健夫>尾崎健夫の1ページ目

尾崎健夫とは?



ウィキペディア
尾崎 健夫(おざき たてお、1954年1月9日 - )はプロゴルファーである。徳島県海陽町出身。
通称はジェット、あるいは姓を続けてジェット尾崎
ジャンボ尾崎こと尾崎将司の弟であり、プロゴルファーとして知られているが、高校野球の全国大会で優勝した兄と同じく海南高校海南町)時代は野球部のエースとして活躍した。
弟は尾崎直道
アメリカの下部ツアーを転戦していた時にアメリカ人若手プロから「ジェット」のニックネームを付けられた。
これは、健夫がドライバーショットを放つとボールがジェット機のように強烈な勢いで飛んでいくのに驚いたからであり、以来この呼び方が定着している。
因みに「ジャンボ」は将司のデビュー当時のスケールの大きいプレー振りから、ある新聞記者が「まるでジャンボジェットの様だ」と表現したことに由来し、末弟直道の「ジョー」は公募による。
2012年8月10日、女優の坂口良子と結婚した。
継子はAV女優の坂口杏里
また、その模様は「ぴったんこカン・カン」で放送された。
目次

 1 高校野球
 2 プロゴルフ
 2.1 優勝歴
 2.1.1 日本ツアー
 2.1.2 シニアツアー
 3 関連項目
 4 外部リンク
高校野球

野球選手としての素質は兄を凌ぐともいわれ、県下No.1の剛速球投手として知られていた。大石友好とバッテリーを組み、1971年春季徳島大会で優勝するが、代表決定戦で徳島商(選抜代表校)に敗れ、四国大会には進めなかった。
同年夏も県予選準々決勝で池田高に敗れ甲子園には出場できなかった。
他の高校同期に北川裕司セントラル・リーグ審判の谷博がいた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(1/5)
次ページ

ページTOP▲
Weblio辞書辞典
「尾崎健夫」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio