大原麗子の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>大原麗子>大原麗子の5ページ目

大原麗子とは?




人物
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)

父(実家)は東京文京区で、老舗の和菓子屋「田月堂」を経営していた。
3歳年下の弟・大原政光は、のちに銀行員を退職したあと、大原の所属事務所の社長となる。
弟が生まれると母の愛情を独り占めしたい大原は、母のオッパイを吸い始めた。
母は止めさせるために乳首に唐辛子を塗ったが、それでも我慢して吸い続けた。
子供の頃、ケンカが強くて男みたいで、頼りがいがあったという。
幼い頃から父から暴力をふるわれ、父に殴られて鼻の骨の右側がやや盛り上がってしまった。
大原は女優になったあと、そこが目立たないように、写真の撮られ方を気にしていた。
8歳(小学2年)のとき父の浮気が原因で両親が離婚し、母に引き取られた。
弟は父に引き取られた。
母は大原と共に東京・赤羽にある母の実家に戻った。
両親の離婚後、父と弟の住む家を毎週のように訪ねていた。
弟も大原と母の住む家を訪れ、弟が帰るときは3人で泣いていたという。
母子家庭で育ったため生活は豊かではなかったが、母は大原に愛情を注ぎ、大原をバレエ教室に通わせた。
異性に対して父や兄を求めてしまい、ファザコンであるとのこと。
躁鬱的な性格をしていて、躁状態になるとよく喋るとのこと。
物事を決めると行動するのがとても早いとのこと。
短所は気が短いこと。
好きな男性のタイプ=毅然としている人、強い人、繊細な人。
六本木野獣会のメンバーである。
1965年に18歳で高倉健主演の映画『網走番外地』シリーズで初共演をして以来、高倉を尊敬する兄として慕っていた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(5/24)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「大原麗子」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「大原麗子」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio