大原麗子の解説頁です。 Weblio辞書辞典>辞書・百科事典>大原麗子>大原麗子の2ページ目

大原麗子とは?




中尾ミエ主演の東宝映画『夢で逢いましょ』(1962年)にも端役で出演していたが、1964年昭和39年)、テレビドラマ『幸福試験』(NHK)の出演でデビューし、翌年、東映へ入社。佐久間良子主演の『孤独の賭け』で初めて本格的な映画に出演し、高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一主演作品での助演梅宮辰夫の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演したが、梅宮の主演映画では酒場ホステスパンスケ役が多かった[2][4][5]
1971年に東映との契約切れを機に渡辺プロダクションに移籍[6][7]
以降テレビドラマを中心に一転して「しっとりとした日本的美人像」を演じ[8]、映画『おはん』の魔性の女などさまざまな役を演じ分け、独特の存在感を発揮した[2][9]
その演技力を買われて主演した橋田壽賀子脚本の『春日局』では大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%(ビデオリサーチ、関東地区調べ)を叩きだした[9]
東映を退社してからの所属芸能事務所は長年「オフィス・アール」であったが、晩年には「ワンポイント」に属していた。
映画『男はつらいよ』シリーズでは、マドンナ役を2度務めた。
楽に探せる!楽ワード

ページ(2/24)
≪前ページ | 次ページ

ページTOP▲
「大原麗子」の1ページ目
Weblio辞書辞典
「大原麗子」の記述に関する著作権




ランダム表示|登録辞書一覧
Weblio辞書辞典

お気に入りに登録
友達にも教える

Weblio辞書辞典|ヘルプ|お問合せ
©2017Weblio